現役塾講師漣が教える意外と知らない英語の知識シリーズ!

Let's start. If you read this blog, you will surely like English!

テストなどでの不正行為を英語でなんという? 

皆さん、こんにちは。

漣です!

f:id:singekisoun:20210315121559j:plain

 

 

さて、タイトルにもある通り

 

「テストなどでの”不正行為”を英語でなんというか」



 

知ってる?

 

いわゆる不正行為というと何を想像する?

 

皆さん、考えてみてね。

*少し間隔をあけるので思いついたらスクロールしてみてね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、どう?

 

思いついた?おそらく「カンニング」かな!?

 

はーい、残念!カンニングという言葉を英単語であらわすと「cunning」と書き、読み方は「カンニング」ではなく、「カニング」なんだよね。。。。

 

絶対、読者の皆さん、知らなかったでしょ?(^_-)-☆

ちなみに「cunning」はどういう意味なのかというと・・・・

 

「ずる賢い、抜け目ない」という意味になるんだ!

*おそらくどっちにしても悪いイメージには変わらないんだけどね。。。。

 

そこで、本来日本語で「カンニング」と言われる不正行為は英語で何というかというと

 

「cheating」

 

というんだ!

→「cheating」の「cheat(チート)」というのはゲームなどで「ずる」だったりという意味で言われるよね。。。

テストなどで「カンニング禁止です!」と伝えたい時は

「No,cheating!」

 

と言うんだ!

*なので「cunning」を使っちゃだめだよ。

 

ただ、他にもスポーツで「ずる」という意味に当たる単語として「unfair」が使われるんだ!

当然、unfairの反対はunを取り除いてfairなのは皆さん知っているよね?

 

こんな風に今回紹介した「ずる、ずるい」の似た言葉として「羨ましい」という言葉あるよね?

結構友達が新しいものを手に入れていたりする時に

「いいな~、羨ましい!」

というときあるよね。

 

英語でどういうでしょう?

*少し間隔をあけるので考えてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えましたか?

 

答えは・・・・・・

 

→I am so jealous!

 

という風になるんだ!

 

皆さんもよかったら使ってみてくださいね。

 

以上です!

最後まで読んでくれて、ありがとう。 そして、お疲れ様!('ω')ノ また、次回の続きの記事でお会いしましょう!($・・)/~~~ このブログの記事が面白い、応援したいと思った方は以下をクリックして投票応援しよう!